疲労臭とストレス臭

疲労臭とストレス臭

疲れていても体臭が出てきます。これを疲労臭といいます

 

otukare

疲労がたまると汗の中にアンモニアが増え、これが疲労臭を起こします。
アンモニアはツンとした匂いで、疲労臭は働く女性に多いと言われています。

 

本来アンモニアは、食事から摂ったタンパク質を分解するに腸内で発生します。
アンモニアは、有害物のため、肝臓で尿素に解毒され、尿として排泄されます。

 

このような肝臓で毒素を分解することをオルニチンサイクルと言います

 

ところが、疲れやストレスで肝機能が低下すると、オルニチンサイクルが鈍り、アンモニアを尿素に解毒できず、血液中のアンモニア量が増えてしまいます
その結果、皮膚らアンモニアが出て、疲労臭を発する事となります。

 

 

また、ストレス臭というのは、ストレスがたまっている人が発する独特のニオイの事です。

 

ストレス過多になると、活性酸素が除去できなくなり、過酸化脂質と呼ばれる物質が増加し、これが古い油のようなニオイを発するのです。
(活性酸素に関しては「加齢臭と活性酸素との関係」をご覧下さい。)

 

sutoresu

疲労臭やストレス臭は頭皮と腋にニオイに強く現れる事が多いと言われています。
汗と皮脂は混ざり合って参加し、嫌なニオイを発生しています。
また、汗を食べた雑菌が繁殖していくのも原因の一つと考えられます。

 

疲れやストレスをためない事が最も重要で、十分な睡眠とバランスの良い食事をしなくてはいけません。
食べ過ぎや飲み過ぎ、緊張のし過ぎなどに注意が必要です。

 

 

疲労臭の原因である疲労は、原因となる物質の乳酸が血液中に溜まって起こりますので、予防にはこの乳酸を取り除く事が必要です。
ウォーキングなどの有酸素運動をすると、血行が促進され、血中の乳酸が効率的に除去されます。ジョギングやサイクリングなども効果的です

 

また、入浴の際にバスタブのお湯に浸かったあと、肩や足に10〜15秒ほど水道水を掛けるのも効果的です
お湯に浸かるのと、水を掛けるのを2、3度繰り返すことで血行が促進され疲れがとれやすくなります

 

sutoresu

肝機能を高めて、オルニチンサイクルを活性化させる事が疲労臭予防に重要です。
にら・たまねぎ・ねぎ・あさつき、青汁、キャベツ・ブロッコリー・大根・白菜・カリフラワーなどが効果があります
オルニチンが多く含まれるシジミを食べる事も有効と思われます。

 

 

ストレス臭に対しては、脂っこいものを食べた時には、必ずビタミンCを同時に摂る事も効果があります。
ビタミンCは皮脂腺の働きを調節してくれる作用があるからです。
それによって皮脂から出るニオイを抑制してくれます。


 
トップページ 当サイトの使い方