ミドル脂臭とは何か?

30代から始まる体臭(ミドル脂臭)

「ミドル脂臭」は主に30〜40代男性(ミドル男性)の頭部周辺から発生する特有の脂っぽい臭いのことで、「加齢臭」とは異なるニオイです。

 

加齢臭は主に耳の裏、背中などから発生しますが、ミドルの特有の臭いは、頭部から出ていると言われています。

 

midoru

そして、その「ミドル臭」の原因成分として明らかになったのが、「ジアセチル」という物質です。
ジアセチルの発生は30歳前後から増加し、40歳頃にピークを迎えます。

 

ジアセチルは使い古しの油のようなニオイで、口臭や足臭よりもニオイやすく、加齢臭よりも空気中に広がりやすい特徴を持ちます。
また、後頭部から首の後ろ周辺に発生するため、自分で気づきにくいという特徴があります。

 

頭皮などにある中鎖脂肪酸などのにおい成分と一緒になって中年男性特有のいやなにおいを発生させると言われています。

 

マンダム監修の「ミドル脂臭リスク」チェックリストによると、「頭や首の後ろあたりがベタつくことがある」「汗をかきやすい」「1回30分以上の運動を週に2回以上していない」「夜食が間食が多い」「野菜より肉が好き」…など、これらに当てはまる節がある場合は、注意が必要

 

ミドル脂臭のニオイ成分・ジアセチルの発生原因は、

 

  1. 発汗による乳酸量の増加
  2. 過剰な頭皮脂
  3. 抗酸化力の低下

 

と考えられており、これらに対しての対策が必要と考えられます。

 

対策としては、

 

  1. 生活習慣を見直し、規則正しくバランスのよい食事を心がける事。
  2. しっかりと頭皮の汚れを洗い落とす事。

 

senpatu

特に、ミドル男性の頭皮脂は若年層に比べてベタついていて、シャンプーで落ちにくく、ニオイが“蓄積しやすい状態”にあると思われます。

 

特にミドル脂臭の発生しやすい後頭部と首の後ろを中心にしっかりと丁寧に洗い、ニオイだけでなく、余分な蓄積脂を落とすことが重要です。

 

頭皮がベタつきやすい人や、一回の洗髪ではシャンプーが泡立ちにくいと感じる人は、二度洗いが推奨されています。

 

そして、この原因成分ジアセチルの抑制にはフラボノイドを含む植物エキスが有効だと言われています。

 

「フラボノイド」を含むシャンプー等を「マンダム」が発売予定ですが、このフラボノイドとは何なのでしょう。

フラボノイドとは。。。

フラボノイドとは、植物に含まれている色素や苦味、辛味成分であり、ポリフェノールの大分類のひとつです。

 

フラボノイドには、カテキン・アントシアニン・タンニン・ルチン・イソフラボン・へスぺリジン、ケルセチンなどが含まれ、強力な抗酸化作用を持った成分が多くあり、注目されています。(抗酸化作用に関しては「加齢臭と活性酸素との関係」をご覧下さい。)

 

この中では緑茶に多く含まれるカテキンや、ブルーベリーなどに含まれるアントシアニン、大豆等に含まれるイソフラボン柿や茶に含まれるタンニンが有名です。

 

カテキンやアントシアニンは強い抗酸化作用を持っており、イソフラボンはアンチエイジング(抗加齢)などの視点から期待されています。
また、カテキンやタンニンは殺菌作用を持っていると言われています。

 

ミドル脂臭に対する「フラボノイド」の効果がマンダムによって報告されていますが、「フラボノイド」という大カテゴリーの中に「柿タンニン」は含まれることになります。

 

しかし、実際にマンダムがミドル脂臭の原因である「ジアセチル」に対して効果があるかどうかを調べた102種類の植物エキスの中で、効果があったのは「カンゾウ」と「ケイヒ」等数種の植物エキスと報告しており、その中に「柿タンニン」が含まれているかは判りません。

 

少なくとも当サイトで紹介している柿タンニンを含む加齢臭石鹸(「濃い柿渋石鹸」「男のたしなみ」「柿のさち石鹸」「BS BLACK ONE」「プラス・デオ(+deO)」「デオラ DEORA」)を頭皮に使うことはお勧めできません(実際にやってみると通常の石鹸と同じでゴワゴワになってしまいます。)が、首筋や耳の後ろを洗う事はミドル脂臭の対策となる可能性があると思われ、柿タンニンを含んだシャンプーを併用することで対策になると思われます。

 

柿タンニンを含むシャンプーには市販の物もありますが、下記のように薄毛にも対応した商品があります。

 

柿タンニン・茶エキス配合 薬用レバオスカルプシャンプー

 

『ジアセチル』発生メカニズムとフラボノイド効果に関して

 

ミドル脂臭の原因物質である「ジアセチル」は、強いバター臭・チーズ様のニオイを持っていて、低温度では蒸れたようなニオイを発します。

 

食物の香料などに用いられる事もありますが、沢山吸引してしまう製造工場などでは、『閉塞性細気管支炎』と言う非常に重い肺の病気を起こすことが指摘されています。

 

「ジアセチル」の発生機序は、汗に含まれている「乳酸」という物質を、皮膚の常在菌である表皮ブドウ球菌や黄色ブドウ球菌などが取り込んで、代謝する事によって発生します。

 

植物エキスのジアセチル抑制効果は、殺菌による抑制ではなく、乳酸の最近内への取り込みの抑制と乳酸からピルビン酸への代謝速度の低下による抑制効果であることが判っています。


 
トップページ 当サイトの使い方