体を洗いすぎて加齢臭アップ!!

体を洗いすぎると加齢臭がアップします!

貴方は足の臭いや体臭(加齢臭)を気にしすぎて、常日頃からカラダを清潔にする事を過剰に意識していませんか?
足が凄く臭うと思えば、足を必死で擦り、体が臭いと思えば体を擦り切れる程擦っていませんか?

 

niou

実はこれは全く持って逆効果!より一層体臭(加齢臭)をアップさせているのです。

 

嫌なニオイを擦り取ってしまおうと、洗えば洗うほどに皮脂はたくさん分泌されるようになり、それに伴う臭いが大きくなっていくのです。

 

 

そもそも皮脂というのは、皮膚のバリア(保護)機能を維持するために必要な物質なんです。
皮膚常在菌が皮脂を分解することで肌表面のバリア機能は保たれ、肌のシステムは正常に保たれています

 

しかし石鹸などのような強力な脱脂力を持った洗剤で洗った上に必要以上に擦り取ってしまうと、強力に脱脂されるためそれを補うために皮脂腺が活発化し、ますます皮脂の分泌が増えていく事になります。

 

皮脂の分泌が増えると、餌を得た常在菌が大量に繁殖して皮脂を猛烈に分解し、悪臭の原因になる脂肪酸やアルデヒドを大量に産生する事となります。

 

つまり、予防しようと過剰に体を洗って擦る事はかえって悪臭を増加させてしまう事となります。
ですから、石鹸の販売サイトを見てみると、石鹸の泡で撫でるように洗うだけで十分であると書かれています。

 

※石鹸を使った身体の洗い方に関しては「加齢臭石鹸を用いた身体の洗い方」をご覧下さい。


 
トップページ 当サイトの使い方