固形石鹸と液体石鹸(ボディーソープ)の違い

固形と液体石鹸

固形石鹸を水に溶かして、液体石鹸を作っていると思われがちですが、全く違います。

 

主立った固形石けんは、油脂を「水酸化ナトリウム」でけん化してつくり、液体石鹸(ボディソープ)は、脂肪酸を「水酸化カリウム」で中和してつくります。

 

これは水酸化ナトリウムと水酸化カリウムの性質の違いを利用して、固形にするか液体にするのかを分けています。
それぞれ長所短所があるので、どちらがより優れているという訳ではありません。

 

液体石鹸も固体石鹸も、肌への刺激性はそれほど高くはなく、あえて言えば固形石鹸の方がやや低刺激といえまが、これも原料油脂や配合成分によっても大きく変わります。
洗浄力は固形石鹸のほうが優れています。

 

液体石鹸は純石鹸分(脂肪酸カリウム)の割合が製品全体の30%くらいしかないので石鹸分が少なく、その分洗浄力も落ちてしまいます。
液体石鹸の純石鹸成分が少ないのは、石鹸成分をあまり増やすと固まってしまうからです。
また、石鹸成分が少ないというのはコスト面でも液体石鹸には不利となります。

 

※更に「固形石鹸とボディーソープのどちらが良い?」もお読みください。

 

豆知識:水酸化カリウム(苛性カリ:KOH)と水酸化ナトリウム(苛性ソーダ:NaOH)の違い
価格は水酸化カリウムの方が高く、水酸化ナトリウムの約3倍する様ですが、水酸化カリウムの方が水に溶けやすいので、ボディーソープには水酸化カリウムが使われているようです。
水酸化ナトリウムを使用すると薄い濃度でしか作れない為、十分に効果が発揮できない事になるわけですね。


 
トップページ 当サイトの使い方