濃い柿渋石鹸(商品詳細)

濃い柿渋石鹸 主たる配合成分

このページはあくまでも商品ホームページからの情報のまとめです。
使用感や感想などは私の物とは異なります。

 

消臭に

  1. 京柿渋エキス 京都山城地方の上質な柿渋を使用。業界初となる「柿タンニン」を、5.5%と高濃度で配合。酸化をケアし、毛穴を引き締めると言われております。
  2. ミョウバン 臭いを取り除き、肌も引き締める事が出来ます。

皮脂の汚れに

  1. 薬用炭、イチョウ葉エキス 毛穴に詰まった皮脂や汚れを根こそぎ洗い出します。

ニオイ撃退に

  1. ヨモギ葉エキス、ドクダミエキス、シソノエキス しっかりと嫌な臭いの元をスッキリさせます。

保湿に

  1. アロエベラ、アカヤジオウ、オウゴンエキス 皮膚細胞に潤いを与え、水分を保ち、もちもち肌に。

肌荒れに

  1. ウコン根茎エキス ウコンの力で気になる肌荒れをケアしてくれます。

☆小麦やそば、牛乳、卵、エビカニなど、五大アレルギー成分由来の物は一切使用していません。

濃い柿渋石鹸 使い心地

濃い柿渋石鹸の使い方・使い心地

 

  • ヒノキの爽やかな香り
  •  

  • キメの細かい泡
  •  

  • 頭から足の先まで全身に使える。
  • ※洗髪した場合、必ずトリートメントで髪を整えてください。

     

  • シンプルな使い方(浴用タオル等でしっかり泡立てて使うだけ。)
  •  

  • 子供が使用しても問題はありませんが、肌に合わない場合は止めてください。
  •  

  • 使い方:しっかりと泡立て、特に皮脂の分泌の多いニオイの発生箇所と言われる胸回りや首、耳の後ろなどは念入りに洗い、泡を直ぐに洗い流さないで、「泡パックする事」をお勧めします。後はしっかり洗い流してください。

濃い柿渋石鹸 使用後の感想

使用後の感想

 

  • 「嫌なニオイ(加齢臭)がスッキリ!」
  •  

  • 「使用感・香りがよい」
  •  

  • 「かゆみが消えた」
  •  

  • 「お肌の悩みが解消した」

 

☆モニター調査の結果では93%の方が「続けたい!」との回答(2012年6月の調査)

 

 

挨拶状

実際使用した際の詳細は個人的独断的使用感をご覧下さい。

 


 
トップページ 当サイトの使い方