石鹸に付着する雑菌(保管法)

石鹸と雑菌の関係

びっくり

我々は意識はしませんが、雑菌の中で生活をしています。日常生活の中で無菌という事はあり得ません。

 

人の皮膚症面にも、表皮ブドウ球菌など皮膚の常在菌が居ます。
ですから、石鹸の表面に雑菌が付くと言う事は当然の事ながらあり得ます。

 

石鹸の表面に雑菌が繁殖していると、体の汚れや雑菌を落とす目的で石鹸を使用したにも関わらず、雑菌を塗りつけていると言う結果になら無いとも限りませんね。
これでは何の為に石鹸を使ったか判らない事になり、加齢臭対策にはならないかも知れません。

 

通常、石鹸の多くはpHがアルカリ性である為、石鹸の表面がよほどふやけてしまっていない限り、菌の繁殖・増殖は困難で、乾いてくると菌は死滅してしまいます。
ですから、石鹸の機能を十分に発揮させる為にはその保管に気をつける必要があります。

 

雑菌

石鹸を使った後には、軽くすすいで石鹸自体に付着した汚れを落とし、シャワーや水道の水が当たりっぱなしになったり、溜まった水に浸かったままに為らないように水切れの良い状態で保管をしておく必要があります。

 

折角買った高価な『加齢臭対策石鹸』が『加齢臭悪化石鹸』に為らない様に、石鹸の保管には十分に気をつけて頂いて、使い終わったら乾燥させておきましょう。

※直接は関係はありませんが、「加齢臭石鹸を用いた身体の洗い方」や「体を洗いすぎて加齢臭アップ!!」もご覧下さい。


 
トップページ 当サイトの使い方