加齢臭石鹸の種類に関して

加齢臭石鹸の種類は?

kousi

加齢臭対策石鹸に使用されている消臭成分としては、
柿タンニン、茶葉エキス、ミョウバン、フラボノイド、シクロデキストリン、ミョウバン、炭素等様々な成分が使われています。

 

実際様々な成分の組み合わせですので、単純に分ける事は出来ませんが、独断と偏見に基づいて分類してみます。

 

1.石鹸

柿渋

 1)柿渋系石鹸
 濃い柿渋石鹸(株式会社やまちや) ☆
 男のたしなみ(株式会社みつばちロード) ☆
 薬用柿渋石鹸(株式会社マックス) ☆
 ライブラ柿渋石鹸(ライブラナチュテラピー)

 

 

 

 

炭素

 2)炭素系石鹸
 AGICA【アジカ】(株式会社スタジオライン) ☆
 BS BLACK ONE(OSADA) ☆
 プラス・デオ(+deO)(サントリー) ☆

 

 

 3)ミョウバン石鹸
 薬用ミョウバンせっけんEXTRA (株式会社マスター)

 

2.ボディーソープ

デオラ

 1)柿渋系ボディーソープ
 デオラ(株式会社アールスタイル) ☆
 薬用柿渋ボディソープ「柿のさち」(株式会社マックス) ☆

 

 2)殺菌系ボディーソープ
 ローズドデオシャボン(有限会社万来)

 

 3)炭素系ボディーソープ
 デ・オウ(ロート製薬) ☆

 

☆は今回使用した石鹸(ボディーソープ)です。

※更に「加齢臭石鹸の選び方」もお読みください。


 
トップページ 当サイトの使い方