加齢臭の原因に関して

加齢臭の原因は何か?

kousi

まずは加齢臭の原因に関して知っておく事が必要と思いますので、加齢臭の原因に関して纏めてみましょう。

 

<加齢臭の発生原因>
1.2-ノネナール
2.ペラルゴン酸

 

加齢臭の原因物質としてはこの2つが言われています。主に問題となるのは2-ノネナールの方で、ペラルゴン酸は若い人の原因と言われています。
男女ともに40代以降になると皮脂腺の中の脂質が活性酸素によって酸化されてできる過酸化脂質が出来やすくなります。

 

また皮脂腺から若い頃には出なかった中高年特有の脂肪酸が分泌されます。この2つが反応することでノネナールは発生します。
主には皮脂に含まれるヘキサデセン酸が皮膚常在菌によって分解されることでも発生します。

 

<加齢臭の発生時期>
男女ともに発生し、男性は40歳代以降、女性は閉経後に発生し、年齢と共に増えていきます。

nonenal

 

<加齢臭 ニオイの性質>
青臭い
脂臭い
蝋燭の臭い
チーズの臭い
古本の臭い

 

と、色々な表現がされています。
確かに「あっ!!そういえば。。。」と臭いがフラッシュバックしてくる様な感覚がありますね。

 

※更に加齢臭のニオイの特徴を知りたい場合は「加齢臭の臭いはどんなニオイか」をご覧下さい。

 

図中の「パルミトオレイン酸」は、マカデミアナッツに多く含まれ、なんとラットでの『脳卒中(脳梗塞、脳出血、クモ膜下出血)』の発症を低く抑える効果があったそうです。それは血管に取り込まれて『血管を元気に保つ』働きがある事による様です。


 
トップページ 当サイトの使い方